腹痛 abdominal-pain

腹痛 abdominal-pain

様々な原因が考えられる腹痛

腹痛には、突然起こる腹痛や長く続く腹痛まで幅広い症状があります。腹痛に悩む方は多くいますが、その症状も一人ひとり違うことが多くあります。また、消化器疾患が原因で起こる腹痛だけではなく、腹膜や腹壁神経の異常、筋肉異常、泌尿器の異常など原因も様々です。このため、腹痛に悩む方が多い一方で、原因の特定と診断が難しい症状とも言われています。腹痛の症状は、痛みの程度と腹痛のほかに伴う症状の有無によって緊急度が決まります。病院を受診する目安は、以下の通りです。

緊急性がそれほど高くない腹痛
  • 痛みが軽度の腹痛
  • すぐに治る腹痛
  • 腹痛が繰り返し起こらない
  • 腹部膨満感だけが伴う腹痛
  • 体重減少だけが伴う腹痛

など

当日中の受診が必要な腹痛
  • 吐血が伴う腹痛
  • 血便や下血が伴う腹痛
  • 激しい下痢症状や嘔吐が伴う腹痛
  • 高熱が伴う腹痛
  • 黄疸が伴う腹痛

などが起きた場合には、そのまま放置せずに医療機関を受診してください。

緊急性の高い場合(速やかに救急車を呼ぶ必要がある)
  • 意識を失っている場合
  • 痛みが酷く歩けない場合または、歩くと痛みが強く響く場合
  • 激しい吐血が伴う腹痛
  • 激しい下血や血便が伴う腹痛

などの症状がある場合には緊急外来を受診する必要があるため、速やかに救急車を呼んでください。

腹痛の原因・腹痛症状を伴う消化器疾患

腹痛症状が伴う消化器疾患は以下の通りですが、それ以外にも腹痛を引き起こす疾患は様々あります。

主な疾患

腹痛は内科・消化器内科へ

腹痛には様々な種類がありますが、腹痛で何科を受診すればいいのか分からない場合には、まずは内科・消化器内科を受診しましょう。腹痛には、深刻な疾患が隠れていることがあるため、気になる腹痛がある場合はそのまま放置せずに早めに受診されることをお勧めしております。

腹痛について医師に伝えるポイント

痛みについて

痛みの程度やいつ起こったのか、急激に起きたのか徐々に起きたのか詳細を記録しておくと良いでしょう。

痛い場所

腹痛は様々な部位で起こります。下腹部・右下腹部・左下腹部・脇腹・みぞおち・臍周辺や臍の上など、痛みが現れている場所を記録しましょう。

症状や便について

腹痛以外の症状がある場合には、詳しく医師に伝えてください。腹痛だけでなく吐き気や嘔吐、発熱、頭痛などその他の症状についても記録すると良いでしょう。また、便の状態について伝えることも重要です。特に、血便などがある場合は焦らず、状態を確認して医師に伝えてください。可能であれば携帯電話などのカメラで撮影して医師に見せることで詳しく伝えることができます。

痛みが起きた時の食事や運動について

腹痛の起こる原因が食事内容の場合があります。このため、腹痛が起こる直前に食べた物も医師に伝えてください。また、運動がきっかけとなり腹痛が起こることもあります。運動習慣について、また普段しない運動をした場合なども医師に伝えてください。

予約はこちらから24時間受付
小児科
皮膚科アレルギー科
TOPへ戻る
予約はこちらから24時間受付