吐き気・下痢 nausea

吐き気・下痢 nausea

吐き気(嘔吐)とは

食べた物や飲んだ物を吐きたくなる「気持ち悪さ」を吐き気と言い、実際に吐いてしまう状態を嘔吐と言います。吐き気は、すぐに治まるものと治療が必要な深刻なものとに区別されます。以下の項目に当てはまる場合には、一度医療機関を受診されることをお勧めしております。

吐き気(嘔吐)がある時の受診タイミング

早急に受診が必要な場合(救急外来受診が必要)
  • 激しい頭痛やめまい、ふらつきがある場合
  • 麻痺を伴う吐き気や嘔吐がある場合
  • 激しい腹痛や高熱を伴う吐き気や嘔吐
  • 嘔吐が酷く、水も飲めない状態
  • 嘔吐物に血が混ざっている場合
  • 吐血した場合
症状があったその日に受診が必要な吐き気
  • 頻繁に吐き気があり、何度も吐いた
  • 数時間継続する吐き気
  • 腹痛や下痢が伴う場合
翌日以降に受診すれば良い場合
  • 吐き気が時々起こり、吐いた場合
  • 嘔吐はないが吐き気が続いている
  • 吐き気だけでなく下痢や発熱がある
経過観察で大丈夫な場合
  • 食べ過ぎや飲みすぎなど、吐き気の症状に思い当たる原因がある場合
  • 緊張や不安などによって吐き気が起こるが、緊張や不安がなくなると吐き気も治まる場合

吐き気の主な原因

  • 食べ過ぎや飲みすぎ
  • 食中毒(食あたり)
  • 過度のストレスや疲労、緊張、不安
  • 喫煙・排気ガス・悪臭
  • 嘔気を伴う疾患(メニエール病・脳卒中・心筋梗塞・突発性難聴・風邪症状など)

吐き気の原因となる疾患

消化器の疾患
脳・神経疾患

脳梗塞や脳出血・髄膜炎・脳炎などの場合には吐き気が伴います。脳梗塞や脳出血の場合は、麻痺、痺れ、呂律が回らないなどの症状が現れます。

心筋梗塞・狭心症

吐き気や嘔吐のほか、胸焼けや胸が締め付けられるような痛みが起こります。主に、冠動脈の動脈硬化が原因となります。

下痢の症状について

下痢は日常でも良く見られる症状で軽視しがちですが、下痢が長引く場合には脱水症状に十分注意する必要があります。下痢が続く場合には医療機関を受診すると下痢を起こしている原因を特定することができます。 下痢症状と便秘症状を繰り返し起こす場合や、下痢だけでなく強い腹痛や発熱、嘔吐などその他の症状が伴う場合は早めに医療機関を受診してください。また、粘液が混ざっている便や血便、同じ食事をした人と同時に下痢や嘔吐があった場合も受診が必要です。

下痢が関連する消化器疾患

下痢の症状が起こる消化器疾患の代表的なものとして、過敏性腸症候群やウイルス性腸炎などが挙げられます。下痢と便秘を繰り返す症状は大腸がんにも見られます。
このため、下痢が長引く場合や気になる場合は、一度医療機関を受診されることをお勧めしております。

主な疾患
予約はこちらから24時間受付
小児科
皮膚科アレルギー科
TOPへ戻る
予約はこちらから24時間受付