動悸 palpitations

動悸 palpitations

動悸とは

心臓の拍動が速くなったり、遅くなったりと以上が起こり、自分でもドキドキと拍動を感じられる状態を動悸と言います。動悸には、脈が速くなる頻脈、遅くなる徐脈、不規則な脈の3種類に区別されます。これらの拍動の異常を不整脈と言います。不整脈には、心配のないものもありますが、そのまま放っておくことで心筋梗塞や脳卒中など深刻な病気に進行するものもあるため注意が必要です。
このため、気になる動悸の症状がある場合には、一度循環器内科を受診してください。

以下のような症状はありませんか?
  • めまい
  • ふらつき
  • 息苦しさ
  • 胸が痛い
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 冷や汗
  • 息切れ
  • 息苦しさ
  • 一時的な意識消失
  • 湿疹
  • 呼吸困難

など

動悸の原因

主な原因として、過労や睡眠不足、過度の緊張、ストレス、何らかの疾患、脱水、飲酒、薬剤の副作用などが挙げられます。薬剤の副作用としての動悸かどうかは、患者さんの服用中の薬剤を見せて頂いて判断しますので、現在服用中のお薬またはお薬手帳をご持参ください。

動悸の種類(動悸を伴う疾患)

脈が乱れる・脈が飛ぶ・不規則になる
心拍が遅い
心拍が速い

動悸の検査

まずは問診を行います。症状について詳しく伺います。症状が現れた時期や変化、既往歴や服用中の薬剤などについてお聞きします。その後、必要に応じて血液検査や心電図検査、心臓超音波検査、胸部X線検査、ホルター心電図検査などを実施します。
動悸を感じた時は以下の点をチェックしてください

  • 動悸が続いた時間
  • 動悸症状の内容
  • 動悸が起こるきっかけや思い当たること
  • 動悸の経過について(突然起こる、突然終わる、徐々に始まる、ゆっくり終わるなど)
  • 1分間の脈拍数
  • 脈拍の規則性について(不規則、乱れる、脈が飛ぶなど)

など

脈の測り方(自己検脈)

動悸が気になる場合には、ご自身で脈を測れるようにしておくと良いでしょう。正しい脈の測り方は、以下の通りです。

  1. 手首親指に近い側で測ります。
  2. 手首関節下に拍動を感じる場所があります。指を軽く置いただけで分かるので、その部分で脈を測ります。
  3. 拍動が分かる部分に、人差し指・中指・薬指を揃えて軽く置きます。
  4. 1分間の脈拍数を測ります。
  5. 拍動が分かる場所と測り方は、何度か繰り返し計測することで慣れてコツを掴めます。
  6. なお、脈拍は食事や運動、入浴、感情の起伏によっても変動します。このため、安静時に計測すると決めておくことが大切です。
予約はこちらから24時間受付
小児科
皮膚科アレルギー科
TOPへ戻る
予約はこちらから24時間受付